Snow White

素晴らしい人生を送るヒント

偏りすぎないことも大事

7月からはじめた節食が、最近ストレスになってきたようで、

2週間ほど前、のどが詰まるという症状が出てしまいました。

これは、自律神経の乱れ?はたまたストレスが原因とのこと。

私のストレスって何だろう…って思ったら、思いついたのが食事のこと。

思えばこの2か月間、「あれを食べちゃダメ」「食べ過ぎないように、腹八分目」と毎日考えていたのです。

8月末には「お肉も食べない!」なんてこともやっていました。

結構、自分がストイックだということを知りました。

日に日に体重が減り、48キロ目前になって、自分の体を見たとき、結構貧相に感じたんです。

もう少し、ふっくらしていてもいいかも?なんて思ったりして。

そこで、あまり「これは食べない!」と決めつけず、ちょっとゆるくやってもいいのかな?と思って、最近は腹八分目は守りつつ、お肉も食べるようになりました。

大好きなカフェラテも、お菓子もあまり食べなくなっていましたが、カフェラテもたまには飲むし、お菓子も少しなら食べるようにしています。

ゆるく節食するために私が新たに決めたことは、

 

☆どんな内容の食事でも腹八分目は守る

☆お菓子は一口、一個など少量なら食べる

☆例えばお腹いっぱい食べちゃったとしても自分を責めない

☆体重は48キロ台ならOK

☆食べすぎたら夜ごはんで調整

 

こんな感じです。

今までは、48キロ以下を目指していましたが、48キロ台であれば48.8キロでも48.1キロでもいいからその中におさまるように調整するようにしています。

増えすぎると、戻すのが大変になるのですが、「1キロ」と余裕を持っておくとストレスになりません。

今でもたまにお腹いっぱい食べちゃうときがあるのですが、たとえお腹いっぱい食べちゃっても自分を責めないようにしています。

ちょっと前までは、お腹いっぱい食べたらすごい落ち込んでいたのですが…病んでましたね。

お菓子も、カフェラテも、私のストレス解消のためのご褒美なので食べる(飲む)ようにしています。

食べ過ぎてしまったと感じたり、夜にお酒を少し飲みたいときはお米を食べないようにしています。

 

何事もやりすぎるのはかえって悪影響になるということを知りました。

最近は、やっとのどのつまりもとれ、毎日快適に過ごしています。

みなさんも、節食をする際はほどほどに…