Snow White

素晴らしい人生を送るヒント

どうして人はお金持ちに見られたいのだろう…

貧乏人だと思われたくない。

バカにされたくない。

そんな気持ちは、誰にでもあるのではないでしょうか?

正直、私自身、デパートに行くとき、美容院に行くとき、誰かと食事に出かけるときはきちんとした格好をして行くし、「きちんとしなくちゃ」という気持ちが働きます。

毎日同じ服を着るミニマリストにも憧れますが、

「あの人、あの服しか持っていないんじゃない?」

と思われるのが怖くて、できません。

 

スティーブ・ジョブズマーク・ザッカーバーグが同じ服をいくつも持っていて、それを着まわしているというのは有名な話ですが、それはあくまでも「あれだけの大金持ちがやっている」という事実があるからこそ、おしゃれだと思われるわけですよね。

一般人がそれを真似したら、「あの服しか持っていない人」と確実に思われるでしょう。

それが怖いということは、

お金がなくてあの服しか持っていないと思われるのが嫌→貧乏人だと思われたくない

ということですよね。

私は、なぜ貧乏人だと思われたくないんだろう。

別に、人からの評価なんてどうでもいいじゃない。

貧乏人だと思われた方が都合がいいこともあるんですよね。

例えば、大金持ちの人の中には、買えるけど高い車は買わない、高い時計は買わないという人もいるようです。あえて、買わないようにしている…ということですよね。

お金持ちだと思われると、人から利用されたり、狙われたり、たかられたりするわけで…。

だからこそ、いちいち背伸びしなくてもいいのかもしれない、と最近は思うんです。