いいこと☆いいもの情報局

女性のための情報サイト

【インフルエンザ対策】我が家で実践している☆おすすめ対策3つ!

今年はインフルエンザの流行が早く、9月くらいから流行りはじめているとニュースでやっていました。

style.nikkei.com

毎年、予防していてもかかってしまう人、ワクチンを打っていてもかかってしまう人も多いのではないでしょうか?

我が家には、小学生と幼児の子どもがいるので、インフルエンザ対策を早めにはじめます。

ワクチンは打たないのですが、いろいろと対策しています。

ワクチンを打つのをためらっているけれど、しっかりとインフルエンザ対策をしたいという方に、我が家での対策方法をご紹介します。

1.R1を毎日食べて予防

R1というヨーグルト、ご存知の方も多いと思いますが、インフルエンザ予防として効果があると巷ではウワサになっていますね。

www.meiji.co.jp

ただし、これに関しては根拠がないとか、効果があるとは言えないといった反対意見も多く、真相は定かではありません。

でも、「効くかもしれない」なら食べてみようかな?

毎日ヨーグルト食べているんだから、どうせならR1に変えてみようかな?という理由でR1を食べはじめました。

種類も増えて、飽きずに続けられそうですね。

我が家では、毎年R1ヨーグルトを種菌にして、自分でヨーグルトを作っています。

かれこれ3年目になりますが、これをはじめてから家族の誰もインフルエンザにかかっていませんので、ある程度の効果はあるのではないか?と思っています。(あくまでも個人的な意見です)

 

↑このような、ヨーグルトメーカーを買って、市販の牛乳とR1ヨーグルトを使って作ります。

我が家でもこのタイプなのですが、1Lの牛乳パックがそのまま入れられるので、容器を洗ったりする手間が省けて便利です。

【我が家の自家製R1ヨーグルトレシピ】

1.1Lの成分無調整牛乳を用意します。

2.R1ヨーグルト、飲むヨーグルトタイプのプレーンを1本用意します。

3.1L牛乳の120ml分くらいをコップに出します。

4.1L牛乳の中にR1飲むヨーグルトを1本入れます。

5.1L牛乳の口を閉じて、上下に優しくシェイクします。

6.ヨーグルトメーカーに入れて、既定の時間置きます。

R1飲むヨーグルトは112mlなので、

たったこれだけで、おいしい自家製R1ヨーグルトを作ることができます。

前はR1固形タイプのヨーグルトを使っていたのですが、スプーンを煮沸したりするのが面倒だったので、飲むヨーグルトタイプに切り替えました。

問題なく、ちゃんと固まりますよ♪

ただ、R1の菌が普通に売っているR1のものと同じくらいあるかというのはわかりません、あくまでも家庭で量産できるのでやっているということになりますので、R1の効果をきちんと感じたい方は、毎日R1を食べるほうがいいでしょう。

2.ウィルバスで除菌する

外出先、家に帰ってきたときなどに除菌スプレーを使うという人も多いですよね。

我が家でも、アルコールスプレーを使っていましたが、ノロウイルスに効果があるといわれる「ウィルバス」という商品を知ってから、これで除菌しています。

ウィルバスは、成分は次亜塩素酸ナトリウムと水だけで食品にも直接使用できる食品添加物殺菌料ということで、厚生労働省の認定基準を満たしているんです。

ノロウイルスの後処理にハイターなどを使っている人も多いと思いますが、これを吹きかけるだけで除菌できるので本当に便利なんです。

www.virubus.jp

↑ウィルバスについては、こちらのホームページをチェックしてください。

我が家では、冬の間、小学生の娘が学校から帰ってきたときに必ずスプレーします。

また、小さい空のスプレーボトルに入れ替えて持ち歩き、外出先のプレイルームなどで遊んだあとやトイレのあと、食事の前にスプレーしています。

これのおかげかわかりませんが、毎年ノロやインフルエンザに感染することなく過ごせているので、ありがたいです。

毎年きちんと買っている消耗品の1つです。

3.インフルエンザの時期はこまめな水分補給

www.d-yutaka.co.jp

テレビでやっていたのをたまたま見たのですが、↑こちらのホームページにも同じことが書かれていました。

 

インフルエンザのウイルスはのどや鼻の粘膜にくっつき、それが細胞内に浸透することで発症するんですね。

冬は乾燥しているので、余計にくっつきやすくなるということなのかな?

そのウイルスが感染部分に到着してから細胞内に侵入するまでにかかる時間が20分。

20分に1度水分補給をして洗い流してしまえばいい!ということなんです。

ウイルスは消化器官内にはいれば分解され、感染・増殖しないということなので、 こまめな水分補給が大切ということです。

我が家では、外出時はこまめな水分補給を心がけています。

特にショッピングモールなど人が集まるところに行くときは、一口でもいいのでお茶や水を飲ませるようにして、気を付けています。

ワクチン以外にもできることはあります♡

インフルエンザ対策としてワクチンを打っている人も多いと思いますが、だからなにもしなくていい!というわけではないんです。

そして、小さい子どもにワクチンを毎年打ち続けるのは気が引けるという人もいるかもしれません。

そのような方には、今回ご紹介した方法がとってもおすすめです☆

ぜひ、試してみてくださいね。