【老子】を知るならコレかなぁ…

老子の「無為自然」という考え方が好きで、色々な「老子」の本を読んでいるのですが、最近↓こちらの本の存在を知りました。

ドリアン助川さんが書いた老子に関する本なのですが、

バカボンのパパの口調を真似して書いてあって、しかもたとえ話などを交えてわかりやすく解説してくれているので、大変読みやすいです。

読みやすく、わかりやすく、老子を最初に知るのにちょうどいい本だと思うんです。

特に、私は難しい言葉もよくわからないし、回りくどい言い回しをされるとわけがわからなくなってしまうので、このようなたとえ話を交えた解説はすごくありがたいです。

また、ドリアン助川さんの人柄がわかるエピソードがたくさんあるので、クスッと笑えて、楽しみながら読めます。

ドリアン助川さんのことはあまり知らなかったのですが、(小説「あん」の作者ということくらい…)すっかりファンになってしまいました。

老子についての本はたくさんありますし、色々読んできたのですが、最初に読むならコレがおすすめかな…という感じです♡

老子について知りたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね♪