楽しい方へ行こう

日常のいろいろなこと

しまじろうはなぜ子供に愛されるのだろう…

f:id:momohatori:20200220102845j:image

※年季が入った我が家のしまじろうさん。

 

今朝、こんなニュースを読みました。

www.oricon.co.jp

30周年なんですね~。

初期の頃のぬいぐるみ…しまじろうと言われてもわからないかも?

さて、私自身はしまじろうにお世話になったことはなく、中学生になってから「進研ゼミ 中学講座」をはじめたんですよね。

たぶん、DMみたいなのが送られてきて、漫画になっていて、内容は、ダメダメだった子が進研ゼミをやっている友達に勧められて入会→スゴイ成績が上がって、別人のようになる…というような内容で、とにかく魅力的なんですよ。

今はわからないけど、漫画ついてくるんですかね?

中学生の私の心に、あの漫画は突き刺さりましたね~

「これやれば、成績上がるんじゃない?しかも1日15分でイイみたいだし♡」

と、親に交渉するも…失敗( 一一)

しかし、何度も何度も交渉し、最後には親が折れて受講することになったんですよね~懐かしい(;^ω^)

 

しかし、やってみると15分では終わらない…(たぶん私の実力の問題)

部活やって、帰ってきて、疲れているとやらない…

やらないで、たまっていくと1日15分じゃ終わらないよね~

それで、やり続けて2年くらい?で、近所の塾に変えてしまいました。

 

最近は、学習もタブレットに変わり、上の子は毎日きちんとやっているから、人によると思いますが…懐かしい思い出です。(お父さん、お母さんごめんね)

 

さて、しまじろうですが、あの黄色の愛らしい顔をしたトラのキャラクター…我が家では上の子も下の子も大好きで、下の子は1、2歳の頃「しまじろう」と言えなくて、「ぱーしろう」と呼んでいました。

上の子は、しまちゃん、しまちゃんと呼んでいたなぁ…

 

勧誘はしつこいという意見もあり、うちも英語の教材を取りはじめたのに、英語の勧誘が数ヶ月続いてうんざりしたこともあるのは事実です。

でも、なかなかに工夫されているんですよね。

その月齢、年齢に合わせたおもちゃや学習が盛り込まれているので、親もアプローチしやすいし…。

1ヶ月に1回教材が送られてくるから、子供が喜ぶし、飽きないというのが最大のメリットでしょう。

1ヶ月に換算すると、こどもちゃれんじなら数千円ですし、おもちゃを定期的に買うよりも安く済むかも…。

なんだかんだ、夜寝るときに毎日ベッドに連れていくのはしまじろうのパペットだし、愛されているよなぁ、しまじろう。