ゆるりとくらす

ゆっくり、のんびり、スロー&シンプルライフ

シンプルライフをはじめます。老荘思想と禅

f:id:momohatori:20190403151222j:plain

行きつく先は【シンプル】だった…

無駄をそぎ落とし、シンプルに生きること。

シンプルライフが注目を集めはじめて、もう10年以上になるでしょうか?

私は、数ヶ月のサイクルでシンプルライフ→ゴージャスライフへのあこがれを繰り返しております(笑)。

私は、仕事柄色々な本を読むのですが、

 

☆お金持ちになるにはどうしたらいいか

☆願いを叶えるための「引き寄せの法則

☆人生がうまくいくためのコツ

 

このような本を私は今までたくさん読んできました。

「お金持ちになって、成功して、幸せになるにはどうしたらいいのか?」という問いに応えてくれそうな本ばかりです。

綺麗な色の服を着るのがいい、キラキラしたものを身につけるのがいい、お金持ちになるためにはまず高いものを買ってしまえばいい…

そのような話のすべてに、心を躍らせたときもありました。

確かに、成功している人はそれを実践している人がほとんどだと思うんです。

でも、私はなんとなく、自分には合わないんじゃないかと感じていました。

キラキラしたものを身につけたり、綺麗な色の服を着たり、メイクを入念に行うことは、女性としてイキイキするし、輝ける気がします。

ただ、続けるうちに自分には合わないと思いはじめたのです。

老荘思想・禅との出会い

 ここ数ヶ月、老子の教えに出会い、老荘思想について学び、最近は「禅」についての本を読んでいます。

老荘思想と禅はまた異なるものですが、どちらも「無駄をそぎ落として、シンプルに生きること」を旨としている気がします。

老子の場合は、『無為自然』という教えがありますが、それは「何もしないでボーっと過ごそう」というものではなく、あくまでも生きるうえでやらなければならないことはしっかりとやり、「あとは道(TAO)にまかせよう。」という考えなわけです。

 何もしないで過ごしていたら、飢え死にしてしまいますね(;^ω^)

私はその教えがものすごく好きで、それを聞いたときに感銘を受けました。

人生で、どこか「人から好かれたい」とか「どうしたら満点の人生を送れるだろう」なんて思ってあくせくしていたところがあったので、無理せずに、流れに任せて生きていけばいいんだ…と思ったら、スーッと心が楽になったんです。

心からホッとしたというのが本音です。

老子の中には「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」という言葉があります。

これは、お酒の名前として有名ですが、もともとは老子の言葉なんですね。

水はとても柔軟で、入れ物によってカタチをさまざまに変え、沁み込んでいき、万物に恵みをもたらし、人が嫌がる低きへと流れていきます。

しかしながら、一滴ずつでも垂れ続ければ硬い岩にも穴をあけるほど強い側面も持ち合わせているのです。

そんな「水」のように生きることが理想であると老子は説いたのです。

この考えに似たようなものが、禅語にもあります。

「行雲流水(こううんりゅうすい)」

空の雲はさまざまに形を変え、流れる水もまた入れ物によって姿を変える。

何事にも執着することなく、自然に任せて生きることが大切だとする考えです。

どちらも「何かにとらわれることなく自由に生きること」を説いています。

引き寄せの法則は本当か

引き寄せの法則」、いわゆる「願えば叶う」とか「思ったことは必ず現実になる」という考えです。

私は、以前この引き寄せの法則を試してみたことがあります。

もちろん、叶ったこともあれば、叶わなかったこともあります。

 もし、引き寄せの法則が可能であれば、世の中はすべての人がお金持ちで、すべての人が健康で、死ぬことがないでしょう。

しかし、そんなことはありません。

お金持ちになれるかもしれないし、欲しいものが手に入るかもしれない。

素敵な恋人ができるかもしれないし、子供を授かるかもしれない。

でも、

北川景子さんみたいな顔になりたい。

明日、1,000億円手に入れたい。

大金持ちの家に生まれたい。

一生健康で、しかも不死身の身体でいたい。

これらのことは、引き寄せられないでしょう。

北川景子さんみたいな顔になりたいというのは、まぁ整形すれば叶うかもしれませんが(;^ω^)

一生健康で、死なない体が欲しい…これは絶対に、誰もが望むことです。

でも世の中には死なない人はいませんし、健康でいたいと願っても健康じゃない人もたくさんいます。

引き寄せの概念は、非常に難しいんです。

今ある状況の中で心から楽しむことを!

私たちは生まれてくる家を選べません。

生まれてくる親や国を選べません。

これは、天国で見ていて親を選んで生まれてくるという説もありますが、私たちが意識してできるものではありません。

では、劣悪な環境、ひどい状況になったらどうしたらいいのでしょうか?

どんな状況でも、ありのままに受け止めて、どうやったら自分が人生を楽しく過ごせるかを考えることが一番大切なのだと私は思います。

私も、もっとお金持ちになりたいし、仕事でも成功したいし、子供ももっと優秀だったらいいな…とかいろいろ不満を抱いたときもありました。

しかし、老荘思想や禅の教えに出会い、「私はなんて恵まれているんだろう」と感じはじめたのです。

今、何不自由なく暮らせること、毎日ご飯が食べられること、子供たちや旦那さんが健康で元気でいてくれること、住む家があること…毎日生活するうえで必要なものはもうすでにそろっているんです。

なのに、次から次へと欲しいものが出てきて、買えないと思うと不満を感じる…そんなのおかしいですね。

今の状況に満足し、感謝する。その積み重ねをして行くと、生活は豊かになっていくんです。

それは、物質的な豊かさではなく、心の豊かさ。

シンプルに生きるというのは、そういう余計な気持ちや邪心をそぎ落として、スッキリとした心で生きるということなのかな?という気がしています。