ゆるりとくらす

ゆっくり、のんびり、スロー&シンプルライフ

とにかくみなさん落ち着いて!騒動が終わるまで静かに暮らそう

f:id:momohatori:20151021095340j:plain

東日本大震災のとき、上の子が2歳で、近所の小さなスーパーですら大行列していました。

トイレットペーパーももちろん品薄で、仕方ないのでキッチンペーパーを買った記憶があります。

しかし、今回はキッチンペーパーやおむつ、生理用品までも品薄状態だということ…。

大震災のときは、道路が使えなくて物流がストップしていたこともあり、品薄になるのはなんとなくわかります。

しかし、今回は明らかに「人災」ですよね。

物流がストップしているわけでも、工場が閉鎖されているわけでもないのに、ドラッグストアやホームセンターからペーパー類が消えている…。

我が家では、下の子もおむつを卒業し、トイレでできるようになったのでおむつは使いませんが、おむつは毎日使うものなので、ないと本当に困ります。

また、生理用品だって、1ヶ月に1度の生理にそんなに買いだめる必要はありますか?

冷静に考えてください。

もちろん、家に女性が3人いるとかなら話は別です。そういうご家庭は買うしかないでしょう。

しかし、そうではないのに買い占めている人はたくさんいるはずです。

私は昨日、たまたま生理用品が切れそうなので来月のために買いに出かけたら、棚にはちらほらしか残っていませんでした。

やはり、いつも使っているものの方がいいので、なにも買わずに帰ってきました。

私たちが大量に買い占めることで、無駄な不安を生じさせ、さらには通常業務でいいはずの工場の人たちの負担を増やすことに繋がります。

食料品だって、買い占めなくても普通に入荷されていますし、普段の買い物の量で構わないはずです。

例えば、小中高校生が家にいることになり、外食ができなくなるから普段の分よりも余計に買わないといけないかもしれません。

しかし、いつもよりも食べるのは昼ごはんだけですよね。

我が家は、小5の女の子が休校なので、お昼を用意することにはなりますが、それほど食べないので通常通りの買い物で済ませています。

また、もし外食を頻繁にしているご家庭なら、外食が怖いならコンビニでご飯を買って済ませるというのも1つの方法です。

近所のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミマ)を除いていましたが、品薄になっている様子はありませんでした。

コンビニの食事は味気ないですが、外食気分が味わえるし、工場で製造されているので外食するよりは安全性が高いかな?という印象です。