Snow White

素晴らしい人生を送るヒント

ミニマリスト・シンプリスト・断捨離の違いって?

ミニマリスト」になりたいと常々思いながらも、なかなか実行に移せていません。

最近は、「シンプリスト」というワードも気になり始めています。

そして昔からある「断捨離」も…違いがよくわかっていませんでした。

そこで、調べてみたのです、このミニマリスト・シンプリスト・断捨離ってどうちがうのか?

ミニマリストとは?

ミニマリストというのは2016年くらいから流行しはじめ、ライフスタイルとして定着しつつあります。

ミニマリストとは、「最小限の」という言葉を意味するミニマル(minimal)から派生した造語です。

ミニマル…つまり最小限のもので生活する人。という意味になりますね。

不要なものが何もない殺風景ともいえる部屋で生活している、究極のミニマリストたちが連日取り上げられ、私も「見習いたい」と思っていました。(全然実行できていませんが)

シンプリストとは?

ミニマリストは「ものを最小限にする」暮らしですが、シンプリストは「暮らしの要素をシンプルにして統一感のある暮らしを目指す」人たちのことをいいます。

例えば、インテリアを白で統一したり、モノトーンに統一したりシンプルで洗練された暮らしをしている人たちのことを指すようです。

この場合、モノの多さなどはあまり関係なく、統一感があり整理整頓されていればシンプリストといえるみたいですね。

断捨離とは?

断捨離は、人というよりも考え方?

ヨガの行法である「断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)」の応用で、

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。

ja.wikipedia.org

という意味があります。「行為」のことを言うんですね。

三つの違いは?

ミニマリストは最小限のもので暮らす人たち、シンプリストは一言でいえば洗練されたものに囲まれた質素な暮らし…とでもいいましょうか。

断捨離は、いらないものを減らし、不必要なものを買わないようにし、モノへの執着をなくすという考え方。

つまり、ミニマリストやシンプリストと呼ばれる人たちは、自然と断捨離を行い、そのうえで自分のこだわり(本当に必要なものだけを持つ、最小限のものだけの暮らしにするなど)を持って生活している人達なんですね。

今あるもので不必要なものを捨て、これから買うものは厳選してシンプルなものを選ぶ。

こんまりさんのようにときめくもの以外買わないことで、自然とモノを大切にする気持ちが生まれるのかな?

私も、これから買うものは厳選してシンプルなものを選ぶように心がけたいです。