いいこと☆いいもの

ママのための情報サイト

ジャンクフードやお酒、砂糖を体が拒否!?

昨日、近所でお祭りがあり、子どもたちと行ってきました。

お友達家族もいたため、久しぶりに付き合いでお酒を飲みました。

チューハイとかビールではなくサングリアを選んだので、まだ悪酔いはせずにすみました。

フランクフルトやら焼き鳥やら焼きそばやら…出店のお料理をいただいたのですが、どれも味が強く、美味しいと感じられませんでした。

去年までは、出店のお料理を食べるのが楽しみで、お祭りの楽しみは食べることと飲むこと!だったのですが…こうも変わるものでしょうか。

去年は授乳中だったため、お酒が飲めなかったから、数ヶ月前までの私は「今年の祭りは飲むぞ~」と気合入れていたのに、体が欲しなくなっているのです。

タイトルには「拒否」と書きましたが、なんとなく「いらないかな~」という感じです。

砂糖をたっぷり使ったお菓子やジュースなども一切食べたいと思わなくなりました。

シュガーフリーで痩せる!と言われていますが、少し前まではこれもなかなか実践できませんでした。

私の中で、以下のような変化が表れている気がします。

 

☆節食をはじめて食べる量をコントロールできるようになる

           ⇓

☆少ししか食べないため、自然と体にいい食材を吟味するようになる

           ⇓

☆体が欲する食材以外は口にしたくなくなる

 

こんな感じです。

少ししか食べないとなんで体にいい食材を選ぶようになるの?

少ししか食べないなら、好きなものを食べた方がいいんじゃない?

と思うかもしれません。

私も、はじめたばかりの頃は「好きなものを少量食べればいいや」と思っていたのです。

でも、少ししか食べられない=栄養バランスを考えないといけないわけです。

いつもより量を減らして、ジャンクフードを食べようと思ったとき、確実にそれだけでは栄養が偏ってしまいます。

そうなると、体にとって不具合が生じるのではないか…と自然と体が思うようです。

ちょっとしか食べないからこそ、栄養バランスのいい食事にしよう!と思えるようになります。

野菜のおかず、お肉やお魚のおかず、ご飯…これらを少量ずつ食べるというのが私の体には一番合っているようなので、これを続けています。

ちょっと前まで大好きだったポテトチップス、砂糖たっぷりのカフェラテ、サクサクのクッキー、菓子パン、ドーナツなどは全く口にしなくなりました。

仕事をしていると、口さみしくなるのでついお菓子をつまんだりカフェラテを飲んでいましたが、今は麦茶を手元に置いておくと、それだけで事足ります。

砂糖を摂らないこと、ジャンクフードを食べないこと、お酒をあまり飲まないことでどれくらい体に変化があらわれるか、まだわかりませんが、自分が「欲しくない」と感じる以上は特に摂らなくていいモノかな?と思うので、この生活を続けていきたいです。