Snow White

素晴らしい人生を送るヒント

【出産準備品】赤ちゃんの洋服類☆買ってよかったもの・必要なかったものを教えます!

出産準備品、今回は赤ちゃん用品で買ってよかったもの、我が家には必要なかったものをご紹介していきます。

新生児と呼ばれる時期って、生後1ヶ月までだって知っていますか?

生まれたての赤ちゃんって本当に愛しくて、小さくて、守ってあげたくなる存在ですよね。

そんな赤ちゃんのためにたくさんのものを用意したくなる気持ち、私にもよ~くわかります。

しかし!買ったものの、封もあけずに全く使わなかったものも、あるにはあるのです。

そこで、産前・産後のお母さん、お父さんに向けて、できるだけ「買わなくても大丈夫ですよ」というものを教えたい!

老婆心ながら、教えたい!という衝動にかられまして、出産準備品についての記事を書くことにしました。

ぜひ参考にしてみてください。

【赤ちゃん】出産準備品リスト

◎短肌着

◎長下着

◎コンビ肌着

○ドレスオール

○カバーオール(プレオール)

ロンパース

◎セレモニードレス

◎おくるみ

△ソックス

△スタイ(よだれかけ)

◎ガーゼハンカチ

×ベスト

△スリーピング・バギーオール

△帽子

×汗とりパッド

×ミトン

◎:かなり必要

○:まぁまぁ必要

△:人によって必要

×:必要ないと思う

 

赤ちゃんの下着類って本当に種類が多くて、どれを買ったらいいか迷いますよね。

これは、時期によると思うのですが、短肌着、長下着、コンビ肌着はセットになっているものがあるので、それをいくつか購入しておいて、自分が着せやすいものを追加で購入するのがおすすめです。

私は西松屋で肌着類はすべて揃えたのですが、5月生まれの下の子は長袖のものはほとんど着る機会なく捨てました…。

また、冷房が効いた部屋に寝かせるから大丈夫と思ってノースリーブのものを買うのはあまり良くないかもしれません。

というのも、赤ちゃんってすごい汗かくんですよ。

それで、袖があったほうが脇の汗を吸い取ってくれるので、夏でも半袖の肌着が私的にはおすすめです。

最低3枚くらいあれば大丈夫なので、生まれてきて「この形が着せやすい」というのが分かれば、それを追加で旦那さまやお母さまなどに買ってきてもらうという方法がいいと思います。

 

ドレスオール・カバーオール(プレオール)・ロンパースなどは、形も似ていてよくわからないのですが、私のイメージでいうと…

ドレスオール

新生児のときはドレス(ワンピースのような形)で着せて、脚がよく動くようになったらスナップボタンで留めてズボンのような形にもなる。

カバーオール(プレオール)

股下が分かれたつなぎのような形の赤ちゃん用の服。

ロンパース

股下でスナップボタンを留めるタイプの下着。カバーオールやプレオールと同じように足の部分があるものも。

こんな感じでしょうか。

明確な違いはないような感じですね。

暑い時期は、3ヶ月以降ならロンパースだけでもいいかな?という気もしますが、これはお母さんや赤ちゃんの好みの問題なので、どれがいい!とは言えないのですが、数枚ずつあると便利だと思います。

 

セレモニードレスはいわゆる、退院するときに赤ちゃんに着せる「およそ着」です。

結構ピンからキリまでなのですが、これは次に下の子が着るかもしれないし、お宮参りにも着せることができるので、ちょっと奮発してもいいところかな?と思います。

我が家は、上の子のものを取っておいたので、7年経って下の子が生まれるときそれを着せました。

かわいいものがたくさんあって選ぶのも楽しいですね。

 

おくるみは、赤ちゃんを抱っこするときに必要になります。夏には必要ないかな?と思いますが、ガーゼでくるんであげた方が赤ちゃんが安心するし、お母さんも抱っこしやすいのであった方がいいです。

ガーゼ素材のものなら暑くならず、夏でも快適に抱っこできます。

また、おくるみは赤ちゃんをくるむだけでなく、ベビーカーに乗るときのひざ掛けや少し大きくなったときの昼寝のかけ布団としても使えるので、買っておいても無駄になりません。

我が家では、こちらのおくるみをプレゼントしていただいたのですが、肌触りがよく、おしゃれな柄で、ベビーカーのひざ掛けとしていまだに使っています。

 

ソックスは、下の子は5月生まれなのでほとんどはかせることはなく、必要になったのは5・6ヶ月頃だったので、出産のときに用意しておかなくても大丈夫だったかな?と思います。

冬生まれの赤ちゃんならすぐに必要になるので、時期を見て購入を考えてくださいね。

 

スタイ(よだれかけ)は、上の子のときはよだれがすごかったので毎日つけていましたが、下の子はほとんどよだれが出なかったので、買ったもののまったく使いませんでした。

これは、赤ちゃんによって違うので、1・2枚は用意しておいてよだれが出る子なら追加で購入するというのがいいかもしれません。

 

ガーゼハンカチは絶対必要です!

お風呂に入るときに絶対に使うアイテムだからです。

また、ミルクを飲ませるときにも用意しておいて、口元を拭いてあげたりととにかくよく使います。

だから、まとめ買いがおすすめです。

高いものではなくてもいいですが、日本製で、数枚入っているものが安心です。

西松屋に行くと、小さいガーゼとフェイスタオルサイズのガーゼが入ったセットが売っているのですが、大きなガーゼは沐浴のときに身体にかけておくために使うので用意しておきましょう。

 

 

ベストは、まったく我が家では使いませんでした。購入もしませんでした。

スリーピング・バギーオールは赤ちゃん用の防寒具のような感じなのですが、これも時期によります。

秋から冬生まれの子は必須アイテムとなりそうですね。

 

帽子・汗取りパッド・ミトンは、個人的には必要ないかな?と思います。

帽子は、生後6ヶ月を過ぎた頃、外に出るようになって購入しても間に合いますし、汗取りパッドは買いませんでしたが、特にあせもができたり、トラブルもありませんでした。

ミトンは、上の子のときも下の子のときも買いましたが、こまめに爪を切ってあげることで顔に傷をつけることはなく、封を開けずに捨ててしまいました。

赤ちゃんはあっという間に大きくなる!

育ててみるとよくわかりますが、とにかく赤ちゃんはあっという間に大きくなります。

50,60,70サイズの服なんてほとんど着ることなく捨てるか、お下がり行きになります。

はじめての出産だと枚数がよくわからないと思いますが、肌着、洋服ともに3~5枚ほどあれば安心かな?と思います。

赤ちゃんはミルクを吐いてしまったり、排せつ物などで汚れてしまうことがあるので、ある程度の着替えは必要ですが、すぐに買いに行けるところに住んでいる場合は、生まれてきてから必要な枚数を追加で購入する方がいいでしょう。